不動産投資物件の管理と運用

購入後の物件管理について学ぼう。

不動産投資は物件を買って終わりではありません。
物件を購入して管理・運用をして初めて利益が出ます。
上手に運用して儲けを大きくすることが大切です。
そのための第一歩が管理です。

不動産投資物件を購入するとあなたは大家さんになります。
不動産に投資する方は副業の方がほとんどなので、不動産について素人です。
大家業については不動産についてプロの管理会社と契約することをお薦めします。
不動産を運営していく上では様々なトラブルが想定されます、例えば家賃の滞納などです。
このようなトラブルを解決していく上では信頼できる不動産会社に任せるのが安心です。

管理業務は「入居管理」と「建物管理」の2つに分かれます。
「入居管理」は入居者募集からはじまり、賃貸契約の締結、家賃徴収などです。
「物件管理」は物件の管理・修繕、消防設備の点検・報告などになります。

大家さんになったら、信頼できる管理会社との契約が大切なポイントです。


運用のポイント「空き室リスク」!

投資物件を購入しても賃借人がつかなければ何の収入もありません、支出が増えるばかりです。
ここでは「空き室リスク」の回避について学んでいきます。

まず第一に、賃貸物件の家賃・敷金・礼金の設定。
同地域の間取り、築年数、駅からの分数などを徹底的に調べてから決めましょう。
一度決めて、そのままではなく、随時検討していくことも大切です。

第二に「マイソク」です。
「マイソク」とは不動産会社に張り出されている紙のこと。
自分の物件のメリットが魅力的に見えるように工夫することです。
メリットを大きくする、目立たせる、などです。

第三に内覧の対応です。
内覧の希望があったときに素早く対応できるように心がけることが大切です。
内覧の連絡がつくようにしておく、鍵の準備などです。

ここまで、購入後の「空き室リスク」の回避について学んできましたが、一番大切なのは購入前にしっかり検討をして「空き室にならない物件」を購入することです。